現在の位置 : ホーム > 保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事務所の皆様へ > 福祉医療費(連記式)電子媒体請求について

福祉医療費(連記式)電子媒体請求について

 1 電子媒体請求の概要

福祉医療費(連記式)の電子媒体請求には、次の2通りの作成方法があります。

   ① インターフェース仕様に基づきデータを作成する方法

   ② 電子レセプト作成ソフト(無料)を利用してデータを作成する方法

   (注意) 当該ソフトは、WindowsXP 及びWindows10 には対応しておりません。

 貴医療機関等では、どちらが最適か次のフローを参考に電子化していただくようお願いします。

フロー図(町田作成)

※ 電子レセプト作成ソフトを利用して請求を行う場合は、事前の確認試験を行うことをお勧めします。

      詳しい資料は、こちらからダウンロードしてください。

   福祉医療費(連記式)電子媒体請求について

 2 電子媒体請求開始(移行)までの流れ

 福祉医療費(連記式)の電子媒体請求は事前に届出を提出していただく必要はありません。

 開始(移行)初回請求月の媒体に初回請求である旨を電子媒体に記載していただくだけで結構です。

 ただし、確認試験を希望する場合は、電子媒体請求開始を希望する前月10日までに、確認試験依頼書を添え、作成した媒体を提出してください。確認試験の結果は、当月中にお知らせいたしますので、結果に問題がない場合は確認試験翌月から電子媒体請求へ移行いただけます。

      光ディスク等を用いた福祉医療費(連記式)の請求に係る確認試験依頼書

    光ディスク等を用いた福祉医療費(連記式)の請求に係る確認試験依頼書

 3 請求時の注意点

(1)毎月10日までに次の送付書を添えて電子媒体を提出してください。

   なお、媒体不良等の際はご連絡いたしますので、1週間以内に再提出してください。

   光ディスク等送付書・福祉医療費(連記式)

   光ディスク等送付書・福祉医療費(連記式)

(2)電子媒体には次の事項の記載をお願いします。

⑥ ①から⑥      CD

 4 電子レセプト作成ソフト

 電子レセプト作成ソフト導入前にお読みください。

 

次のフォルダをダウンロードし、「setup.exe」をクリックしてください。  

フォルダにはパスワードが設定されておりますので、詳しくはお問い合わせください。   

32ビットOS用     64ビットOS用

 

  電子レセプト作成ソフトのインストールマニュアルは、次のアイコンをクリックしてください。

  なお、お持ちのパソコンにより、マニュアルが異なりますので、ご注意ください。

インストールマニュアル(Windows 7)    インストールマニュアル(Windows 8)

   

操作マニュアル

5 インターフェース仕様書

インターフェ—ス仕様書  

6 各種マニュアル 

移行作業手順書(Windows 7 → Windows 8 ) 

バックアップ取得手順書

AdbeRdr11008_ja_JP  

※フォルダにはパスワードが設定されておりますので、詳しくはお問い合わせください。