レセプト電算処理

レセプト電算処理システムは、診療報酬の請求を紙のレセプトにかえてFDやMO等の電子媒体に収録したレセプト(電子レセプト)の提出を行うことができる仕組みを整備したものです。
また、レセプト電算処理システムの目的は、医療機関、保険薬局、審査支払機関及び保険者を通じて一貫したシステムを構築することにより、事務処理の軽減及び迅速化を行うこととしています。

レセプト電算処理システムの詳細

レセプト電算処理システムに関する詳しいご案内は、厚生労働省保険局が運用する「診療報酬情報提供サービスホームページ」をご覧ください。

レセプト電算処理参加の手順

レセプト電算処理参加の手順

光ディスク等を用いた費用の請求に係る確認試験依頼書(Word)

光ディスク等を用いた費用の請求に関する届出(Word)

光ディスク等送付書(Word)

請求方法の注意点(一般・退職)

1 紙レセプトでの請求について

(1) 次に該当する場合は、紙レセプトで請求してください。
 1) 特別療養費
 2) 再請求レセプト(過誤・返戻分)
 3) 減免レセプト(紙レセプトに減額・免除・徴収猶予証明書を添付してください。)
  ※減免については、他の請求と区別するため、別に請求書を添付し総括表も別段に記入してください。

(2)総括表及び請求書について
 1) 紙レセプトでの請求分を合算し記載してください。
 2) 県内と県外を別にし、それぞれ保険者番号順に提出してください。

2 県単独事業『福祉医療費』の請求について

県単独事業『福祉医療費』の請求について(PDF)

3 マル長の請求について

マル長の請求について(PDF)