現在の位置 : ホーム > 一般の皆様へ > 国民健康保険制度 > 療養費の支給

療養費の支給

 いったん全額を自己負担する次のようなときは、「療養費支給申請書」を記入の上、市町村国保へ提出すれば、内容を審査し決定額の※7割を払い戻してもらうことができます。

※払い戻される割合は、年齢や所得によって異なります。詳しくは、国保からの給付をご覧ください。

こんなとき 申請に必要なもの
自費診療 やむを得ない理由で、保険証を使わずに治療を受けたとき。 診療内容のわかるもの
領収書
鍼灸・マッサージ 医師の指示で、あんま、ハリ、きゅう、マッサージなどの施術を受けたとき。 医師の証明書
領収書
輸血の生血代 手術などの際に、他人の生血を輸血したとき。 医師の証明書
領収書
治療用装具代 治療上、必要があってコルセットなどを装着したとき。 医師の証明書
領収書
海外療養費 海外渡航中に治療を受けたとき。ただし、治療目的での渡航の場合を除きます。 診療内容のわかるもの
(日本語の翻訳が必要)
領収書
移送費 重病人の入院や治療に必要な転院など、移送費用がかかったとき。ただし、国保が必要と認めたときに限ります。 医師の意見書
領収書