現在の位置 : ホーム > 一般の皆様へ > 国民健康保険制度 > 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

近年の日本では、飽食や運動不足などにより、生活習慣病になる人が増加しています。
平成20年4月から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診(特定健康診査)とその結果に基づいた特定保健指導が始まりました。対象となるのは、実施年度に40歳以上74歳以下の国保加入者です。
自らの健康を守るためにも、この特定健診と特定保健指導を積極的に受けましょう。

生活習慣病の発症と重症化予防

メタボリックシンドロームは、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす生活習慣病のおおもとです。生活習慣病の発症および重症化を予防するには、下図のように、「氷山を1つ削る」だけでは十分とはいえません。暴飲暴食や運動不足など、不規則な生活習慣を改善することが大切です。

メタボ予防

  1. 不健康な生活を続けていると、内臓に脂肪が蓄積されるメタボリックシンドロームの原因になります。メタボリックシンドロームは、高血糖や高血圧、脂質異常の全てにかかわり、これらは別々に見えますが「1つの氷山から水面に出た山」のような状態です。
  2. 投薬だけでは、水面に出た山を削るだけです。
  3. 氷山を小さくするには、運動習慣の徹底とバランスのとれた食生活、禁煙といった生活習慣を改善することが大切です。

特定健診の判定基準と特定保健指導

特定健診の判定基準と特定保健指導