現在の位置 : ホーム > 一般の皆様へ > 国民健康保険制度 > 入院時食事療養費と生活療養費

入院時食事療養費と生活療養費

病気やケガで入院したとき、かかった食事代なども国保で負担します。
ただし、誰もが必要とする標準的な食事代や特別に注文した食事代は、自己負担となります。また、療養病床に入院する65歳~74歳の人は、平均的な居住費も自己負担となります。

標準的な食事代(食事療養費)

標準負担額

所得区分 食費(1食当たり)
一般(下記以外)   360円
非課税
(70歳以上は低所得 II)
90日までの入院 210円
過去12か月間で90日を超える入院 160円
70歳以上で低所得 I 100円

非課税(市町村民税非課税世帯)の人は、標準負担額減額認定証(低所得 II と I の人は、限度額適用・標準負担額減額認定証)の交付を市町村国保に申請してください。

平均的な食費と居住費(生活療養費)

65歳~74歳の人が療養病床に入院したとき、平均的な食費と居住費が自己負担となります。ただし、入院医療の必要性が高い人(人口呼吸器や中心静脈栄養等を要する人、脊髄損傷、難病等)および回復期リハビリテーション病棟に入院している人は、標準的な食事代(食事療養費)のみの負担となります。

標準負担額

所得区分 食費(1食当たり) 居住費(1日当たり)
一般(下記以外) ※460円 [420円] 320円
非課税 低所得 II 210円 320円
低所得 I  (年金収入80万円以下等) 130円 320円

※一般の人の食費は、入院している医療機関によって金額が異なります。