現在の位置 : ホーム > 一般の皆様へ > 介護サービスの苦情・相談

介護サービスの苦情・相談

国保連合会では、介護サービスの苦情や相談を受け付けています。

国保連合会の苦情・相談窓口

電話

027-290-1323

受付時間

午前9時から午後5時まで(土・日曜日、祝日を除く)

こんな悩み、不満、トラブルはありませんか?

  • ケアマネージャーの対応に不満がある。
  • 契約どおりサービスをしてくれない。
  • 十分な説明もなく、サービスを断られた。
  • 職員の態度や言葉に傷ついた。
  • 約束していた時間に何度も遅れる。など

国保連合会に苦情申し立てをする場合

申し立て方法

  • 電話での相談は随時受け付けていますが、正式に苦情を申し立てる場合は、原則、書面(様式第2号「苦情申立書」(word))でお願いします。
  • 書面による申し立てが困難な場合は、電話等による申し立ても可能です。

対象外となる申し立て

  • 既に訴訟を起こしている事案
  • 訴訟が予定されている事案
  • 損害賠償などの責任の確定を求める事案
  • 契約の法的有効性に関する事案
  • 医療に関する事案や医師の判断に関する事案

国保連合会での苦情処理の主な流れ

国保連合会での苦情処理

国保連合会は、介護保険法第176条に基づき、介護保険が目的とする円滑な運用に資するため、被保険者等からの苦情を受け付けています。
また、国保連合会には、事業者に対する指導・助言の権限があり、指導・助言を受けた事業者は国保連合会へ報告する義務があります(運営基準において定義されています)。

苦情処理の意義

  • 利用者の権利擁護
  • 介護サービスの質の維持・向上
  • 介護保険制度のサービス内容および介護費用の適正化

国保連合会の苦情処理リーフレット・苦情申立書

無題リーフレット(587KB)
         苦情申立書(39KB)

平成28年度介護保険事業所苦情処理研修会

 無題苦情処理研修会の御案内