現在の位置 : ホーム > 介護保険事業所の皆様へ > 11 伝送請求データの確認方法と取消方法

11 伝送請求データの確認方法と取消方法

伝送請求データの確認方法

 

介護給付費請求情報(以下「請求データ」といいます)を送信すると、国保連合会から到達結果及び受付結果が返信されます。請求データを送信した後は、必ず到達結果及び受付結果を確認してください。(30分間隔を目安に「送受信」ボタンをクリックします)なお、「到達」及び「受付」に「×」が表示された場合は、請求データにエラーがあります。基本情報(事業所番号、審査年月、データの形式等)を確認の上、正しいデータを再送信してください。

伝送通信ソフトの送信結果フォルダの画面表示

1 ISDNの場合

 送信結果フォルダの画面表示

2 インターネット請求の場合

 送信結果フォルダの画面表示

伝送請求データの取消方法

  1. 取り消しが出来るのは、毎月1日から10日の23時30分までです。この間は、請求データの 取り消しおよび再提出を何度でも行うことができます。
  2. 取り消しは、次のとおり「取り消し依頼メール」を作成して取り消します。
    (1) 送信結果フォルダにある取り消したいデータを右クリックしてください。
    (2) 「送信データ取消」をクリックすると「取り消し依頼メール」が送信待ちフォルダに作成されますので、送受信をクリックし、送信結果フォルダの「取消完了」を確認してください。(「取消失敗」の場合、データは取り消されていません。)
    (3) 「取消完了」の確認が出来るまで30分間隔で送受信をクリックしてください。

注意事項

  1. 「取り消し依頼メール」は、ファイル毎に作成されますので注意してください。
  2. データの取り消しを行う前に、再請求のデータは送信出来ませんので注意してください。
  3. 上記1の時間帯において、当該伝送データは国保連合会では取り消しが出来ません。

※ なお、この取消方法は「国保中央会介護伝送ソフト(伝送通信ソフト)」の説明です。